乾燥肌のお肌には手をかけすぎないのも優しさです

乾燥肌対策として私が行っていることは顔を洗い過ぎないということです。

 

特に冬シーズンは乾燥しやすくなります。手もカサカサになりやすいですよね。

 

洗顔料の中には保湿がたっぷりと含まれているものがありますが、洗顔料を使えばどうしても顔を洗いすぎてしまいます。

 

洗顔料を落とすためにお湯もたくさん使用します。これによりお肌に必要な皮脂まで失われる可能性があります。

 

外へ出ればお顔の汚れは酷くなりますから洗顔料でしっかり落とすことはお勧めですが、全く外に出ない日と言うのが誰にでもあるはずです。

 

休日は家でゴロゴロするだけと言う方も多いのではないでしょうか?

 

冬は窓も締め切っていますので外から汚れた空気が入るということもさほどないはずです。

 

逆に換気が悪いので、お肌は乾燥しやすい環境かと思います。

 

乾燥しやすくなっているお肌を更に乾燥しやすい環境にさらすのは危険です。

 

今日はノーメイクで、外出もなかったなら洗顔料は使わずにぬるま湯のみで洗うのがお勧めです。

 

お顔の表面についた埃や汚れをさっと洗い流すだけと言うのがポイントです。

 

毎日、洗顔料を使用して顔を洗う必要はありません。

 

毎日、顔が汚れている、毎日メイクをしているというのなら仕方ないですが。

 

私のように殆どメイクをしない方や休日は殆ど外出しないという方は軽い洗顔でOKだと思います。

 

冬は洗顔料で手もカサカサになることがあります。特に手は外出後は必ず洗いますし、トイレ後も手を洗いますので、顔よりも手というのは水やお湯に触れる機会がとても大きい箇所です。

 

冬シーズンの手はとても乾燥しやすくなりますのでなるべく乾燥させないようにすることが大切です。

 

洗顔料は手をよりもあわ立てネットを使用することで、手への洗いすぎも防げますし、キメ細やかな泡となって、お顔を優しく洗うことが出来ます。

 

ゴシゴシ洗いによるお肌の乾燥も防げます。

 

ぬるま湯はお顔の皮脂を残してくれるので、必ずぬるま湯を使用しましょう。

 

髪の洗いすぎも乾燥を招きます。

 

頭皮とお肌はつながっていますから髪の洗いすぎで、頭皮が乾燥することがあります。

 

私は週に1,2回は洗髪料は使用せずに洗います。

 

シャンプーには保湿成分はあまり入っていませんので洗いすぎると頭皮にダメージが及びます。

 

毎日、汚れが気になると言う方はシャンプーを使用するのがお勧めですが量は少ない方が冬時には良いです。

 

もしくは保湿成分がたくさん含まれているシャンプーが良いでしょう。

 

すっきりと汚れを落とす洗髪剤は、それだけ乾燥もしやすいと言えます。

 

夏にはすっきりタイプのシャンプーがお勧めですが、冬はしっとり仕上がるようなシャンプーを選ぶと乾燥は少々防げるでしょう。

 

このように何でも「洗いすぎ」は乾燥を招きます。

 

洗いすぎればその分、スキンケアを多めにしなければなりません。

 

過剰なスキンケアとなった場合、お肌が本来持っているバリア機能が低下する恐れもあるのです。

 

バリア機能の低下はお肌の乾燥をより酷くさせてしまいますので、なるべくお肌に執拗な干渉しないということが大切です。

 

冬時は特にお肌を優しく見守りながらお肌に手をかけることがポイントです。

 

最終的にそれがお肌へのいたわりとなり、お肌自身が元気で、健やかな美肌を作り上げてくれるということになるのです。

色々な視点から考える乾燥肌対策

乾燥肌なる原因ですが、ホルモンバランス、運動不足や寒さなどからくる血行不良も大きいようです。

 

秋から冬にかけては寒く乾燥しやすいので暖かく保つことも必要です。

 

荒れを感じたらたっぷりの化粧水やコラーゲン、プラセンタなど油分のあるクリームや乳液をこまめに塗り、シートパックなどで水分を補う必要があります。ドリンクやゼリーで補うのもいいと思います。

 

保湿クリーム選びは、しっかりと色々なサイトを見て、保湿効果の高い成分の入っているクリームを選ぶのがベストです。
参考:乾燥肌対策におすすめの保湿クリームランキング!
http://xn--u9jygeg1v1be9eb8f1986by2wd.net/

 

肌がかさつく時は、ファンデの上からでも乳液などを薄くぬるといいようです。

 

就寝まで時間があるときは、再度ぬると効果的なようです。暖房など乾燥する部屋ではアベンヌなどの化粧水スプレーで、こまめにスプレーするのもいいかもしれません。

 

自分にあった化粧品が見つかるといいといいですね。

 

睡眠不足と栄養不足もダメですが、栄養素では皮膚を強くするビタミンB2,(ホウレンソウ、豚肉)ビタミン6(レバー、サンマなど)ビタミンC(フルーツ、野菜)などが良いといわれています。

 

一日1・5リットルの水を飲んだり、フルーツを積極的にとるなど内部から補給する必要もあるようです。

 

乾燥があまりにひどいときや、しみるときはワセリンなどの軟膏をぬるとケアができます。

 

薬局で月のリズムというドリンクをすすめられたことがあります。

 

冷え性やホルモンバランスに効果のあるドリンクです。

 

一度試したのですが、確かに巡りがよくなる感じでした。

 

印象ですが肌つやに効果もあったと思います。

 

後は、楽しいことをしたり恋をしたりするとハッピーホルモンが出て肌つやに効果があるようです。

更新履歴